INTERVIEW:ビヨンセの振付師デーナ・フォグリア独占インタビュー

自身もBeyonce , Rihanna , Janet Jackson等大物アーティストのダンサーとして大活躍してきたDana Foglia(デーナ・フォグリア)。近年はBeyonceのツアーやMV、アワード賞等の振付と演出を手掛ける他、自ら率いるカンパニーDana Foglia Danceでダンサー育成にも力を入れています。LAで大活躍している日本人ダンサー、Natsuki Miyaさん、Ai Shimatsuさん、Mao Kawakamiさん等もDanaに育てられたカンパニーメンバーの一員です。

以下は念願のLADL独占インタビューです!

–ダンスを始めたきっかけを教えてください。

音楽が大好きで踊り始めました。小さい時にブロードウェイのCATSというミュージカルのダンサーに魅了されたのがきっかけでしたね。体の動きだけでストーリーを伝えることができることにとても感動したのを覚えています。

ダンスのトレーニング経歴を教えてください。

小さなスタジオでバレエ、タップ、ジャズを習い始め、その後コンペティションやバレエに専念しました。ダンス科のある高校に行ってそこでモダンダンスを習いました。そしてAiley Schoolという学校で、バレエやジャズの他、様々なスタイルのモダンダンスとアフリカンダンスを習いました。その後にHIP HOPやSTREET JAZZに出会い、新たな世界を知りました。

–ダンサーとしても大活躍されましたが、一番心に残るお仕事は何ですか?

Beyonceのワールドツアー、The Beyonce Experience Tourです!

–ダンサーから振付師、講師、 演出へとキャリアチェンジされた背景を教えてください。

自分がもっとこの業界でできることがあると気がついたからです。ダンサーとして素晴らしい経験をして経歴を積んだけど、まだ物足りなかったのです。そして教えを始めて、自分がこれまで得たものをシェアすることに専念しました。そうしたらまた新たなパッションとインスピレーションが見えてきました!

–とても独特な世界観をお持ちですが、何からインスピレーションを受けますか?

間違えなく音楽ですね。音楽が自分のソウルまで響き、私が創り出したいものへと導いてくれます。また、沢山の素晴らしい人達からも影響を受けてきました。彼らがパッションに向かって専念する姿に刺激を受けて、自分も頑張ろうと背中を押されます!

–今後の夢を教えてください。

私のカンパニーで世界中を回ることです。そしてカンパニーのshowで各国をツアーすることです!

Tags:
No Comments

Post A Comment