特集:スーパーボウル・ハーフタイムショー出演者はNOギャラ?!

スーパーボウルとは、アメリカンフットボールの決勝戦の大会であり、アメリカ最大のスポーツイベントである。毎年2月上旬の日曜日に開催されており、スーパーボウル当日はスーパーボウルサンデー (Super Bowl Sunday)またはスーパーサンデーと呼ばれ、事実上アメリカの祝日となっている。毎年テレビ番組で年間最高視聴率を記録する、極めて注目度の高い番組です。

前半戦終了後に行われるハーフタイムショーはスーパーボウル創設当初から行われていたが、1980年代まではカントリーミュージシャン等の出演者が多く、ハーフタイムショーで視聴率が落ちるという問題を抱えていた。これを改善したいNFLサイドがマイケル・ジャクソンに出演を依頼、マイケル側も当初は難色を示したものの、スーパーボウルが世界中で中継される上に世界各地に駐留しているアメリカ軍関係者にライブで見てもらえることが決め手となり最終的に出演を承諾したという。結果的に前半戦の視聴率よりもマイケルのハーフタイムショーの方が高く、大成功を収めた。出演後、マイケルにギャラを提示したところマイケルは「夢を見るにはお金はかからないよ」とギャランティーを断った。以降、ハーフタイムショーに出演するアーティストはノーギャラ(交通費・宿泊費等の経費は支払われる。出演することは「成功の証」となっている。そのマイケルのパフォーマンスがこちら。

*画面中央にある”Watch this video on YouTube”をクリックしたら動画が始まります。

2013 Beyonce

*画面中央にある”Watch this video on YouTube”をクリックしたら動画が始まります。

2014 Bruno Mars

2015 Katy Perry Ft. Missy Elliott & Lenny Kravitz

*画面中央にある”Watch this video on YouTube”をクリックしたら動画が始まります。

2016 Coldplay Ft. Beyonce& Bruno Mars

*画面中央にある”Watch this video on YouTube”をクリックしたら動画が始まります。

2017 Lady Gaga

No Comments

Post A Comment